トップ > MACバーリング

早い。上手い。高い。MACバーリング

マック ピーアンドエスのバーリング加工技術は、「MACバーリング」と名付けています。
社名を冠したこの技術は、既製品とはどう違うのでしょうか?

「ここまで美しい仕上がり」
それには、理由があります。

1) MACバーリング加工では、これまでのTEEの組み合わせ等では
  製作できない形状の加工ができるから。
2)規格品TEEにはない、枝取り出しが可能だから。
3)母管部分の溶接加工が大幅に削減できるから。
4)枝部がフラットにフライス加工してあるから。

その結果、こんなメリットがあります。

1)規格品の溶接TEEを使用するよりコストを削減できます。
2)TEEと比較してパイプにかかる溶接加工時の入熱が抑えられます。
3)ユニット配管など、混み入っcた配管時にコンパクトに収めることが可能です。
4)枝部をフライス加工することで、角度調整や溶接が容易になります。

pdf_iconMAC バーリング加工のメリット
A3ペラ PDF形式/ファイルサイズ 1.2MB
在来工法(上)とバーリング加工(下)の比較
特殊多孔子バーリング配管などの実例画像
●Low Neck Tee継手「ここまで分岐管径に対応できる」
それには、理由があります。

1) MACバーリング加工の技術が活かされているから。

その結果、こんなメリットがあります。

1)イモ付け、ボス付け溶接に比べ溶接加工時の品質が優れています。
  また、圧力損失の低減も期待できます。
2)4段落ち以上の在庫が豊富で、納期にスピーディに対応。
  もし在庫がない場合は、14日以内で製作可能です。