トップ > 会社情報

マック ピーアンドエスのスローガンは「早い」「上手い」「高い」

「早い」とは?

スタッフ間の連携が行き届いているため仕事が「早い」。

→ マック ピーアンドエスは金属加工メーカーです。多くの材料を有し、独自の製造管理システムでお客さまのニーズにより早く対応します。本社に仕入から生産及び販売まで、すべての部門が集約されていることで、相乗効果をあげています。


「上手い」とは?

熟練工の技を大切にしているため仕上がりが綺麗で「上手い」。

→ 品質には自信をもっています。熟練工が多いというだけでなく、製品によってはオートマチックマシンを使うなどの対応もしています。また、ISO9001認定取得や日本水道協会検査工場でも裏付けられている当社独自の管理システムがあります。そして、現状に安住することなく日々改善を重ねています。


「高い」とは?

全社全員の気概とモチベーションが「高い」。

→ マック ピーアンドエスの歴史は決して長くはありません。しかしその歴史の中で成長してきたという自負があります。パイプの単純な溶接・切断からスタートした事業は、年を追うごとに新しい設備を入れ、これまでになかった分野へと裾野を広げた、総合メーカーへの道を目指しています。それは社員全員がいわれたことだけをするのではなく、それ以上のことを進んで行う雰囲気が満ち、なにより社員がマック ピーアンドエスを愛し、より一層の発展を心掛けているからです。


会社概要

設立/1970年(昭和45年)9月28日
資本金/1,000万円
認証取得/JISQ9001/ISO9001 本社・横浜工場・群馬工場
     日本水道協会検査工場
営業品目/バーリング(玉抜き)加工 ステンレス配管加工・溶接
     精密機械加工 ユニット組立 ステンレス継手各種販売
     (シームレス継手・溶接継手・フランジ各種) 継手各種の輸出入

本社屋外観
近隣では異彩を放つユニークな壁画の社屋。こどもたちの会社見学のランドマークをねらった結果?
沿革
昭和45年 9月
横浜市港北区にステンレス継手及び各種フランジの在庫販売を、株式会社ニッパイとして営業開始
平成14年 4月
製造・加工部門を開設 社名を株式会社マック ピーアンドエスに改める
平成15年 4月
大阪営業所を開設
平成17年 6月
ISO9001:2000認証取得(本社・大阪営業所・横浜工場)
平成17年 7月
バーリング(玉抜き)加工設備・NC旋盤・NCフライスを導入し、特殊加工を開始
平成18年 12月
大径品バーリング(玉抜き)加工及び大型特殊加工品製作の為、群馬第一工場を立ち上げ
平成19年 12月
精密機械加工(マシニングセンタ等)生産開始
平成19年 3月
群馬第二工場を立ち上げ
平成22年 3月
群馬第一工場、第二工場を統合。群馬工場(現 大田市大根町)とし、移転
平成22年 4月
横浜工場内に精密組立を目的としてクリーンルームを設置
平成22年 5月
WNフランジの製造及び販売を開始
平成22年 6月
ISO9001:2008認証取得(群馬工場)
平成23年 5月
ロゴマークを一新し、新体制で業務に取り組む

本社・工場・営業所
横浜本社工場 〒223-0051 横浜市港北区箕輪町2丁目6番50号
主な設備内容
 自動溶接機
 Heリークディデクタ
 NC旋盤・NCフライス
 バーリング加工機
 フレアー加工機
横浜本社工場
横浜本社工場
横浜本社工場

横浜本社工場地図
P.S.E.営業部
TEL:045-560-3551(代表兼)
   045-560-3559
FAX:045-562-4551

F.F.営業部
TEL:045-563-0281
FAX:045-562-4551
総務・経理
TEL:045-560-3561
FAX:045-563-2775

製造部 横浜工場
TEL:045-560-3566
FAX:045-563-0282

横浜第二工場 〒223-0061 横浜市港北区日吉7-19-12 TEL:045-620-7650 FAX:045-562-3250
主な設備内容
 自動溶接ロボット
 縦型マシニングセンタ
 横型マシニングセンタ
 拡大顕微鏡
 金属成分分析機
 フェイシングマシーン
群馬工場
群馬工場
群馬工場

横浜第二工場地図
大阪営業所 〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路1-1-35 幹線東ビル9階 TEL:06-4809-5211 FAX:06-4809-5070